東日本大震災以降、我が国では「自然エネルギーによる電力確保」に対する関心が高まっています。

さて、このようなお話をすると「電力不足など、最早過去のことなのでは?」とお思いの方もおられるかもしれませんが、実は最近になっても電力会社が節電を呼びかける事態がしばしば発生しているのです。

なお、こうした事態を受けて一時期は多くの企業が「エネルギー開発事業」に参入を果たして行きましたし、個人投資家の間でも『太陽光発電への投資』が盛んに行われていました。

ところが最近では、「太陽光発電に関する話題を耳にすることが無くなった・・・」といった印象をお持ちの方も多いことと思いますし、「あの太陽光発電投資ブームはその後どうなってしまったのだろう」とお考えの投資家様も少なくないはずです。

そこで本日は「太陽光発電ビジネスに個人でチャレンジしてはみませんか?」と題して、気になる発電投資の実情に迫ってみたいと思います。

太陽光発電ビジネスに個人で

 

太陽光発電での投資とは

ではまず最初に、太陽光発電ビジネスの概要からお話ししていくことにいたしましょう。

この投資での収益の出所は、自分の施設で発電した電気を電力会社に買い取ってもらう「売電」が主なものとなります。

太陽光の発電システムにはその発電出力の違いにより「住宅用」と「産業用」の二種類に分類することができますが、「住宅用」は発電した電力を自宅で使い、余った電力を売電することになりますから、このシステムで高い収益を上げるのはまず不可能となるでしょう。

よって投資を行うならば「産業用」のシステムを導入することになりますが、こちらも出力により一定の制約があります。

これは出力50kw未満となる低圧連系か、それ以上の出力となる高圧連系かの違いによるものなのですが、高圧連系ともなれば運用に際して高額な追加設備の導入が必須となりますし、専門の資格も必要になって来ますので、相当な規模で発電事業を行わない限りは「割に合わない投資」となってしまうのです。

そうとなれば「産業用」、そして「出力50kw未満の低圧連系」が『一般の投資家の行える最も効率の良い発電システム』となるのですが、この設備を設置するには遮蔽物の無い環境で1000㎡近い土地が必要となってしまいます。

また、当然これらの設備を入手するにはそれなりの費用が掛かりますし、専門業者の定期的メンテナンスも必要となってくるはずです。

なお土地に関しては、地方の山林などを切り開いた太陽光発電設備設置用の売地や貸地が存在していますし、設備に関しても専門の業者に依頼すれば新設からメンテナンスまで、一気に依頼をすることができるとのことですから、こられを利用するのが得策でしょう。

但し、これらの初期投資に掛かる費用はおおよそ2000万円~3000万円と言われており、年間に売電で得られる収益が250万円程度になる計算となりますから、その利回りは8%~12%程度ということになるはずです。

もちろん、発電に利用する土地の立地や、依頼する設備会社によってもこの利回りは変わって来ますが、この収益率を見る限り投資としての魅力は「不動産投資とあまり変わらない」というのが結論となるでしょう。

太陽光発電の現状

さて、ここまでのお話で「太陽光発電ビジネスの基本知識」は抑えていただけたことと思いますが、この投資の『今後の展望』はどのようになっているのでしょう。

実は現在、売電による電力の買取価格は下落傾向にあるのが現実です。

震災直後の2012年頃には、1kwあたり40円もの値が付いて売電価格ですが、2020年には13円(事業用)にまで単価が下がっています。

なお、このようにお話しすると「太陽光発電ビジネスはお先真っ暗」といった印象を持たれてしまうからもしれませんが、その分、初期投資に必要な経費は大幅な下落傾向にありますし、太陽光パネルの耐久性も向上していますから、全体の利回りとしては「それ程大きくは落ち込んでいない」ことになるのです。

また国の政策によって売電価格が20年固定される制度もありますから季節や天候による発電量の増減こそあるものの、想像以上に安定した収益を見込むことが可能であるため、総合的に投資の将来性を考えれば「やや下り坂」というのが正確な現状となるでしょう。

 

今から始めるなら

さて、このような太陽光発電の現状を見て行くと「これから太陽光発電ビジネスに参入するしよう!」と決断するのには、なかなか勇気が要りそうな感じがしてきますよね。

しかしながらここに来て、投資家の間では改めてこの太陽光発電投資が注目を集め始めているというのです。

その理由は、震災直後に投資を開始した方々が現在の売電状況を受け、土地の権利を含めた発電設備を活発に売却し始めたことによります。

こうした中古物件は、価格もかなり「こなれたもの」となっている上、先に申し上げた売電価格の固定期間が充分に残っているものなども多く、新規に投資を開始するよりも遥かに魅力のある投資対象となっているというのです

また、こうしたトレンドを受け、中古の太陽光発電物件の仲介を専門とした不動産業者も出現しているとのことですから、現在は東日本大震災発生直後以来の「太陽光発電ビジネス開始の好機」とも言える状態となっていると言われています。

太陽光発電まとめ

ここまでのお話で「太陽光発電ビジネスの基礎知識と現在の状況」、そして「今後の展望」について、おおよそご理解していただけたことと思います。

一時期は大変に持て囃された太陽光発電ビジネスも、「近年ではすっかり下火となってる」というのが最近までの私の認識だったのですが、少々勉強が足りなかったようです。

但し、このトレンドに乗り遅れると「今後は売電価格が上昇する見込みはまず無さそう」ですから、是非チャンスを逃さないようにしていただきたいところです。

また、この太陽光発電事業は「日本の行く末を占うエネルギー資源の問題」に直結する投資ともなりますから、賢く資金を投入して、自分のためにも、祖国ためにもなるお金の使い方をして行きたいものですよね。

ではこれにて、「太陽光発電ビジネスに個人でチャレンジしてはみませんか?」の知恵袋を閉じさせていただきたいと思います。