不動産情報

 

マイホームをお探しの方ならば、誰もが抱くのが「物件情報を誰よりも早く入手する方法はないものか・・・」との想いなのではないでしょうか。

そして、これまでの物件探しを振り返ってみれば、ようやく自分の条件にぴったりの分譲地を発見したのに、条件の良い区画は既に「済」のマークが入っており、『心底落胆した』という経験をお持ちの方も多いことでしょう。

そこで本日は、「不動産情報(売買)取得のコツ!お教えします!」と題して、売買物件の情報を素早く察知するコツと、マイホーム探しを有利に進めることができる新サービスについて解説してみたいと思います。

 

不動産の購入には情報力が不可欠

冒頭でも申し上げた通り、不動産の購入をご検討されている方にとって、物件情報は「喉から手が出る程に欲しいもの」となります。

それ故に、購入希望者は不動産業者に物件探しを依頼し、自分でも暇さえあればネット検索を繰り繰り返すことになるのです。

本ブログの管理人である私自身も「不動産業者という立場」でありながら、ある時はお客様のため、そしてまたある時は勤務する会社の建売用地の獲得や収益物件の仕入れのために日々物件情報を漁っておりますので、皆様のお気持ちは痛い程に理解できていると思っています。

そして、このような物件探しの日々を送る中で、私が辿り着いた一つの結論が「不動産の購入で成功を収めるコツは、兎にも角にも情報力である」という点です。

ご存知の方も多いとは思いますが、不動産業界には未公開物件というものが存在します。

その名が示す通り、「一般には流通することのない物件」という意味になりますが、実は不動産情報の80%近くがこの未公開物件であり、残りの20%となる公開物件は『未公開の間に買い手が現れなかった物件』といっても過言ではありません。

なお、不動産業界には不動産屋さん同士が売り物件の情報を共有するレインズと呼ばれる情報共有ツールがありますが、私たち不動産業者が仕入れを行う際にこのツールから情報を得ることは殆どなく、不動産業者同士の私的なネットワークのみが頼りとなるのです。

よって、レインズに掲載された物件を不動産業者が購入するのは「恥ずかしいこと」といったイメージさえありますし、『公開されている物件で良い仕入れができることはほぼ皆無』というのが現実でしょう。

では、どうして「条件の良い物件は、ここまで市場の表舞台に出て来ることがない」のでしょうか。

 

未公開物件情報を取り巻く状況

多くの売り物件情報が未公開物件として流通していく背景を理解するには、現在の不動産業界の状況事情を理解する必要があります。

現在の不動産業界では、戸建てを分譲する「建売屋さん」と呼ばれる業者や、中古戸建てや中古マンションをリノベーションして転売する「リノベーション業者」などの買取業者同士が熾烈な物件争奪戦を行っている状態であり、その競争に勝ち抜くために彼らは徹底的な建築費用のコストダウンを行っているのです。

建売屋さんであれば、自社で建築会社を設立するのはもちろん、海外に木材調達用の法人を立ち上げている企業もありますし、リノベーション業者であれば、ユニットバスやキッチンといった仕入れ価格が高価な設備を100単位、1000単位で定期的に発注することで、「一般の方々には到底信じられない安価な工事費用での商品(物件)作り」が可能となっています。

そして、こうした状況は「一般の方が不動産を購入する価格よりも、買取業者の買取り価格の方が高額となる」という逆転現象を生じさせることになりました。(コストを削減した分、高額な買取り価格を提示できるため)

このような状態になってしまうと、一般の方が「物件を売却したい」と不動産業者に依頼を掛けても、集まってくる購入希望者は買取業者ばかり、そしてその購入価格は一般の買い手よりも高額という状況になりますから、レインズなどに物件情報を掲載している暇もない訳です。

また、こうして買取業者に物件を卸した(買ってもらった)不動産業者は、建売やリノベーション物件への加工が完了した後に、その再販売を優先的に任せられることになりますから、一度物件を売ってしまえばそれで終わりの一般ユーザー間の売買より、買取業者に物件を買ってもらう方が遥かに商売として効率的といえるでしょう。

さて、このような経緯で再販売を任された不動産業者ですが、「ここでも更に利益を上げたい」と考えるのが人情です。

そこで行うことになるのが「建売やリノベーション物件の再販売において、売却・購入の両方で手数料を稼ぐこと」となります。

なお、一般の方から物件の売却依頼を受けた場合には「一定の期間内にレインズに物件情報を登録しなければなりません」が、

再販売の場合は売主も不動産屋さんですし、売主としても「ここでガッポリと仲介手数料を稼いでもらい、次回も物件を卸して欲しい」と考えますから、『気が済むまで販売活動をしてもらい、売れ残ったものをレインズに掲載すればよい』ということになる訳です。

こうした事情からレインズに公開されている物件は、「売れ残り」や「一般の方が売主で買取業者も手が出せない程に高額な物件」ばかりとなってしまうのです。

では、このような状況の中で一般の方はどうやって未公開物件情報を入手すれば良いのでしょう。

その答えは、「物件を卸して優先的な販売権を与えられている業者」、または「物件を卸してはいないが売主と強力なパイプを持っており、未公開の物件情報を回してもらえる特別な仲介業者」を探し出すことのみです。

ただし、こうした業者に巡り合うまでひたすら不動産屋さんの門を叩き続けるのは非常に労力が必要な作業ですし、誤って悪徳業者の毒牙に掛かってしまう可能性も捨てきれませんから、充分な注意と根気なしには未公開物件の情報を入手するのは難しいと言えるでしょう。

 

不動産情報一括取り寄せサービスの利用

ここまでの解説を読めば、「未公開情報を獲得するにはかなりの努力が必要である」ということをご理解いただけたことと思います。

しかしながら、多くの方々が仕事に追われながら物件探しを行うことになりますから、複数の不動産業に物件探しを依頼をして回るのは非常に困難ですよね。

そこでご提案したいのが、サイト上の簡単な申込みのみで、複数の業者から一括して物件情報の提供を受けることができる「タウンライフ不動産購入」というサービスの利用となります。

タウンライフ不動産購入のご紹介

タウンライフ不動産購入は、ダーウィンシステム株式会社という広告事業やメディア事業を手掛ける2003年設立の企業が展開するウェブサービスとなります。

本来、こちらの会社が運営する不動産系のサービスは、売却時の一括査定(不動産を売る際に、物件の査定を一括で受けることができるサービス)や買い換えのサポートなど、総合的なものとなっていますが、その一環として人気を博しているのがウンライフ不動産購入なのです。

このサービスでは、サイト上から氏名・住所・連絡先、そして購入を希望する物件の条件や地域などを登録するだけで、会員となっている複数の不動産業者から一括して売り物件情報の提供を受けることができます。

これならば何軒もの不動産業者を訪問する手間も省くことができますし、300社を超える登録業者(会員となっている不動産業))のラインナップを見れば、不動産業界でも知名度の高い会社(大手仲介会社から地元密着系の優良企業まで)が名を連ねていますから、悪徳業者に騙されるリスクも軽減できるはずです。

また、当然のことながらサービスの利用は完全無料となりますし、物件情報の提供を受けたからといって必ずそれらの業者を利用する義務もありませんから、これは実にありがいたいですよね。

※登録不動産業者は利用者の顧客情報を得ることに対して費用を払い、その資金でサイトが運営されているため利用者が課金を受けることはありません。

このように実に画期的なサービスとなっているタウンライフ不動産購入ですが、果たして本当に危険性や問題点はないのでしょうか。

そこ次項からは、プロの目から見た「タウンライフ不動産購入のメリット・デメリット」を解説していきたいと思います。

 

タウンライフ不動産購入のデメリット

ではまず、タウンライフ不動産購入のデメリットからご説明をしていきたいと思います。

このサービルを利用する上で、最も気になる点が「物件情報の提供を受けた業者から、しつこい電話勧誘やメール攻撃を受けることはないのか」という点になるでしょう。

そして、実際にネット上の利用体験談などを見てみると、中には「業者からの営業攻勢に迷惑した」といった趣旨の書き込みも目にいたします。

また、タウンライフ不動産購入は全国の物件に対応したサービスとなりますが、地方で物件をお探しの場合には「申込みをしたのに、全く物件情報が届かない」といったケースもあるようです。(都心部でも「滅多に物件が出ない」という地域では同様の状態となるようです)

なお、このようなお話をしてしまうと「本当にサービスを利用して大丈夫なのか?」と不安になられる方もいらっしゃるかもしれませんが、「情報が提供されない」という点については『待つしかない』というのが現実でしょうし、物件が出る確率が低い地域であればなおさら「情報を得る門戸は広くしておく必要がある」ように思います。

一方、「営業攻勢」の問題については、少々無責任な言い方かもしれませんが『不動産業者と係わる以上は不可避な事態』ともいえるかもしれません。

仮に、タウンライフ不動産購入を利用することなく、不動産業者に物件探しを依頼しても「激しい営業」に苛まれる可能性は充分にありますし、現地販売会でお客様カードに記入しても、気になる物件について電話で問い合わせをしても、そのリスクは変わりないはすです。

ちなみに、しつこい営業マンに当たってしまった場合の対処法としては、「これ以上の勧誘があれば、監督官庁にクレームを入れる」と宣言するのが効果的であるかと思います。

不動産業者は国土交通省や自治体から免許を受けて営業していますから「監督官庁に目を付けられるのを非常に恐れる」ものですし、

場合によっては行政から業務停止などの処分を受ける可能性もあり、営業マンのみならず会社まで危険に晒される可能性がありますので、このフレーズには大きな効果が期待できるはずです。

タウンライフ不動産購入のメリット

デメリットのご紹介に続いては、タウンライフ不動産購入のメリットのご紹介となりますが、この点については「ズバリ、情報力の高い業者が集まっている」という点が挙げられるでしょう。

「タウンライフ不動産購入のご紹介」の項でも申し上げましたが、このサイトの登録業者は購入希望者の顧客情報取得に高額な費用を支払っています。

また、このサイトが「不動産情報の一括収集サービス」を提供してことも彼らは充分に承知していますから、「物件の情報力に自信がなければ、そもそも費用を払ってまで登録業者に名乗りを上げるはずがない」という訳です。

更に、登録業者の中には「未公開物件情報を取り巻く状況」の中でお話しした『建売屋さん』も含まれていますから、場合によっては売主から直接「鮮度抜群の情報」を得られる可能性もあるでしょう。

実は建売用地やリノベーション物件の仕入れを行っていると、時折「お付き合いのある地主さん」や「過去の物件購入者」等から直接物件の仕入れが可能となる場合があり、このケースでは販売活動を買取業者自身が行うこともあります。

但し、買取業者は原則として販売を行わないため「顧客情報のストックはありません」し、大々的に販売活動を行うと「普段物件を卸している仲介業者から白い目で見られる場合がある(「自分が物件を卸した際に優先販売権がもらえず、買取業者が自ら販売をするのでは?」という疑念を持たれる)」ものです。

よって、買取業者は自分で販売活動を行いたい際も、なかなかスマートに行動できない側面がありますが、ここでタウンライフ不動産購入に登録を行えば「仲介業者に知られることなく、物件を捌くことが可能になる」という訳なのです。

こうした不動産業界独特の事情もあり、タウンライフ不動産購入には多くの未公開物件情報が集まることになります。

 

不動産情報(売買)取得のコツ、まとめ

さてここまで、「不動産情報(売買)取得のコツ」というテーマでお話をしてまいりました。

管理人自身も、日々未公開物件を求めて彷徨っている立場ですから、決して偉そうなことはいえませんが「物件情報獲得の鍵はとくかく広い情報網を持つこと」だと思いますので、是非タウンライフ不動産購入を利用して不動産会社とのリレーションを築いていただければと思います。

また、未公開物件情報を多く持っていそうな業者を見分ける手段としては、過去記事「未公開物件の情報を入手する秘訣をご紹介!」がご参考になるかと思いますので、ご興味がある方は是非ともご一読いただければ幸いです。

ではこれにて、「不動産情報(売買)取得のコツ!お教えします!」の知恵袋を閉じさせていただきくことにいたしましょう。